カテゴリー別アーカイブ: アート

個人旅行からの学びー中国とタイ

仕事から完全に離れた私的な旅行を前回にしたのはいつぶりだったか忘れましたが、とにかく色々学ぶことがありました。

10日間、家族旅行で中国とタイに行ってきました。この記事では、基本的な旅の助言、おすすめの場所と、それらへの行き方とかかるお金、そして学びについて書きたいと思います。

続きを読む

自分だけの絵でクリエイティビティを伸ばす

1つのイメージは1,000文字に勝る。

私のような右脳派人間にとっては、ブログ、仕事や他のことにおいてもイメージの存在はとても重要です。また、クリエイティビティは訓練によって積み上げるものなので、常にクリエイティブな活動を続けたいとは思っていました。去年、自分の絵を描いてブログにアップするという、一石二鳥になるような便利なものを発見しました。
続きを読む

なぜ赤、黄、緑 ?

秋の紅葉は好きですか?

筆者はこよなく愛しています、そしてこの目であの美しい色の自然を見るためなら、夜行バスにの乗るのも、長時間歩くのも、山を登るのも苦ではありません。

なぜあの色の変化が好きなのかどうかと考えていると、おそらくあのの3色(以下、頭文字をとってあきみ3色と呼んでみる)に惹かれているのだろうという判断になり、思い起こせばブログや仕事で作る資料でもこの組み合わせを使うことが多いことに気づきました。このあきみ3色はラスタカラーや信号でも使用されています。

そこで、もしかしてこのあきみ3色に何か秘密があるのではと思いて色々調べてみました。すると、学びとは派生するものなのか、(1)色の仕組み、(2)ラスタカラーの由来、(3)信号の起源、(4)日本の色に対するコンセプトについて学ぶことができました。

続きを読む

多才性を認める

2016_3_13 Multifaceted

「多くのものではなく、一つだけしたいことを選びなさい。そうじゃないと全部が中途半端になる。」

自分が幼いころ、色んな大人から同様のことを言われてきましたが、自分のような色んなものに興味があった子どもにとっては、これを認めることは難しいことでした。幸いにも、少しずつこのような多様性が認められ、時には必要とされることも多くなってきたので、色んなことに興味を持つことも大丈夫という流れになってきたように思えます。この点に関連した(1)展示会(2)本(3)ビデオについて紹介したいと思います。
続きを読む

東京にてニューヨークを感じる

2016_02_14_NY and Tokyo

前回のブログを更新してから少し間が空きました。
実は、ここ2週間ほど、日本にいました(仕事@東京と、ほんのちょっとの休暇@大阪)。

東京はほとんど詳しくなかったので、今回、日本の首都を感じる機会となりました。それに加えて世界で最もダイナミックな都市であるニューヨークを実感する機会にも恵まれました。
続きを読む

2015年の数え方

2015_12_31_measure 2015

♪Five hundred twenty five thousand six hundred minutes,
♪How do you measure, measure a year?
(525,600分ある一年をどのようにはかりますか。)
―「seasons of Love」 ミュージカル「レント」より―

今年も残すところもう一日を切ったというときに、この歌が頭をよぎり、「2015年はどのように数えようか。」と思わされました。そして、出た答えは、旅、仕事、人、そして本だと思います。
続きを読む

遊びと芸術とイノベーション

2015_11_08 Play

生まれつき、子どもは遊び心を持っています。しかし、前回のポスト(忘れられた遊び)で述べたように、成長するにつれてそれを忘れる傾向にあります。残念なことに、教育制度や教師がそれを奪っている役割も担うことがあります。

なので、教育者自身が遊び心をまず持ち、子どもの遊びと学びを壊すのではなく、促進する姿勢を持つことが大事だと思います。
そして思うに、その鍵を握っているのが、軽視されがちな「副科目」である芸術だと思っています。
続きを読む