カテゴリー別アーカイブ: 国際関係

ケニア 2 ー コロナウイルスの緊急時、アフリカでできること

English, Español, Français, 日本語

多数の感染数と死者数、国際便の封鎖とロックダウンなどのニュースに、これ以上驚くことはなくなりました。既にこれは私たちの生活の一部です。

以前は、このCOVID-19は暑い環境ではそれほど活発ではなく(本当)、アフリカには届かない可能性がある(嘘)と述べました。今これを執筆している筆者は、国際便もなく夜間外出禁止令が発生しているケニアにいます。

アフリカの一部で起こっていることを身近に感じる人はあまり多くないので、アフリカはケニアの軽いスナップショットと、対処法のオススメ(世界中でも適応できる、はず)を紹介します。

続きを読む

PMPーProject Management Professionalに合格するまでの長い旅路

English, Español, Français, 日本語

人生はプロジェクトの連続で、どのプロジェクトもある一定の条件(目標、期間、活動、スケジュール、コスト、リスク等)があると思う。プロジェクトマネージャー(PM)として働き始めた頃は、正直あまりよくわかっておらず、「とにかくプロジェクトを実行したらいいんでしょ」くらいにしか思っていなかった。その途中で、計画や予算管理、コミュニケーションやモニタリングなどの大切さに気づくことになり、色々と戸惑うこともあった。

PMとしてのスキルを測るのは難しいが、実は、国政的に認められているPMの資格というものがあり、PMP(Project Management Professional)もその一つ。

5ヶ月間の勉強と一回の失敗を経て、やっとPMPの試験に合格できた。働きながらの勉強は少し大変だったが、この分野は多くの人が自己投資しており、大きなビジネスモデルの一つである。この記事はPMやその資格に興味がある人のためのもので、筆者が経てきた過程を紹介したい。

続きを読む

何故ことが起きるを待つだけなのか

別のニュース!
前回のエントリーでは、合理化できない出来事(パキスタンが人道的なNGOを追い出す)について記載しましたが、今回は別のニュースについてです。前回同様、いくらかの人々には、感情、ましてや日々の生活に影響することはないでしょうが。

それでは何についてのニュースかというと、ドミニカ共和国(ドミ共)がハイチから来た不法移民(20万人以上いると思われる)を一斉に強制送還するという強硬政策をとりました。中にはドミ共で生まれ、ハイチに行ったことも無いものも含まれておりいます。そして多くの送還対象者の多くは、ドキュメントが届くのを何ヶ月も待っているという状況です。そして期限はというと、何と今日までです!
続きを読む

名前は重要

もし心底あるものを信じる場合、その名前もとても大事になってきます。言い換えれば、もしその名前が不正に使用された場合、決して見過ごすことができないものだと思います。

前回のエントリー (「何を暗記するべきか」から「どうやって暗記するべきか」への転換”)にも書きましたが、イメージの持つ力は強く、印象深いものはなかなか頭から離れません。そういう意味でも多くのイスラム教徒が世界中の人に「イスラム国」=「イスラム教」と思ってほしくないのも納得できます。
続きを読む

忘れないでください

「チリ18祭り」(国立記念日の9月18日を囲んだ一年で最も大事な週末)が終わろうとしている今や、9月11日(軍隊クーデターが起こった)記念日が遥か昔のようにも思えます。
人間は忘れる生き物であり、この9.11のような重要な出来事を将来のために書き留めて、歴史として残します。しかし、時にはそんなに単純でもないようです:実際、チリの歴史の教科書を見ると、17年間の独裁政治について書かれた部分が極端に少ないのは衝撃的です。
同様に、地球の裏側にあるタイでは、ある人物(出来事でもすらなく)が歴史上から消え去ろうとしています。
続きを読む

2種類の国旗の使い道

9月のチリでは、街中で多くの国旗が風に揺られているのが見れます。なぜなら18日は独立記念日(正確には独立して初めて議会が開かれた日)で盛大な祭りが至る所で行われます。

その一方、実は長月のチリにはもう一つ大きなイベントがあり、そこでも人々は国旗を使い、忘れられない出来事についてプロテストします。まるで、「あの日を覚えているか」といわんばかりに。
続きを読む

ボリビアのエボ君の大冒険

日本の号泣した政治家が世界中を騒がしている一方、地球の裏側ボリビアで、一風変わった政治活動が行われています。

ボリビアの大統領選挙まであと約3ヶ月となり、現大統領のエボ・モラレスが3度目の勝利の準備として(?)興味深いアプローチに出ました:大統領の幼少時代の物語本を「子どもの日(4月12日)」を機に学校の子どもたちにプレゼンするというものです(チリの新聞「El Mercurio」より)

続きを読む