良い犯罪

良い犯罪というのものはあると思いますか。

今日はチリの感動的なニュースを見たので、是非それについて書こうと思います。

内容はパパフリタについてです(フレンチフライを意味します)。
パパフリタというと、チリ人の多くが消費する食事ですが、今回は「パパフリタ」と名乗る一人の青年が、人助けのために衝撃的な犯罪をおかしたことについてです。

背景を説明すると、チリのある大学 (universidad del mar)が経営破産してしまったということで、大学の学位をもう発行できなくなったということになったものの、入学したときに生徒が授業費を払い続けるという書類にサインをしたために、大学生ではなくなったものの銀行に学費を払い続けなければならなかった状態が続きました。

つまり、自分が消費していないものに対してお金を払い続けるという状態です。しかもその額は合計約500億円

そこで表れたのがこのパパフリタさん、契約書を保管している場所に「調査」ということでアクセスの許可を得、書類を持ち出した後・・・ 全部燃やしてしまったというのです!

繰り返しますが、パパフリタ(多くののチリ人が消費する食べ物と同じ名前)によって、「大学生」が(自分たちが消費していないものに対して)お金を払う必要がなくなったのです。

もちろん彼が行ったことは犯罪ですが、誰が彼を裁くことをできるのでしょうか。

おそらく犯罪人として扱われるでしょうが、多くの人が彼を擁護することでしょう。もしプロテストなどがあれば自分も応援したいと思っています。いち大学ローン保持者として、彼がしたことは関わっていた学生たちやこの出来事を知った人に強いインパクトを与えることが予想できます。

更に興味深いのは、実は彼アーティストらしく、チリはサンティアゴのGAM(現代美術館のようなもの)で一連の行動を作品に残したものが展示されています。
このニュースを見たとたん、見に行かずにはおれませんでした。実際の展示は非常に小さなものですが、立派な作品を残してくれたと思います。表現を貫くという意味では、本物のヒップホッパーだと思います。

【パパフリタの展示アート(契約書を燃やした跡の灰やその他の関連作品)】
photo 3photo 4 photo 2 (1)
 

 

 

 

 

“もう終わった!あなたたちはもう1ペソも借金を払う必要がないんです!! (Papa Frita)”

【パパフリタのメッセージ(西語)】

良い犯罪というのものはあると思いますか。私はあると思います。

良い犯罪」への2件のフィードバック

  1. aira

    法は多くの人を守るために必要ではありますが、法に触れるか触れないか、白か黒か、そんなにはっきりとわけられないのが人の世の常なのだと‥
    直近だと、レ・ミゼラブル見てそう思いました。

    返信
    1. MD 投稿作成者

      Airaさん、
      法律を作ったのも破るのも人間のしわざですからね。これを機に法がフレキシブルな要素を取り込んだらいいとは思います。レ・ミゼラブル、機内で観た後、曲が頭から離れませんでした。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください