健康的な人生における制限

2016_01_24 What to do with healthy life

ほとんどの人(もし全てでないなら)が健康的に生きたいと思っています。「どのようにすれば」健康に生きれるかについては、 (前回のブログでも触れましたが)「3E」ーEat, Exercise and Energize well(健康的に食べ、よく運動し、よくエネルギーを蓄える)がキーになってくると思います。

今回は、健康的な人生とともに「何ができるか」について書きたいと思います。
筆者は30代ですが、あと60年(90年代まで)健康的に生きると仮定した場合、何だかとてもたくさんのことができそうな気がします。ただ、果たしてそうでしょうか。

少しこのテーマについて調べていたら、まさにこんなのを探していたんだという、とても興味深い記事を見つけました。
この「Wait But Why」の記事 は、90歳までの人生で、何年・何ヶ月・何週間あるかというシンプルな表を載せています。そしてその表に、90歳までの個人的な展望を示しています(例:60の冬、15人のアメリカ合衆国の大統領、700切れのピザなど)。

2016_01_24  Years WBW

2016_01_24  Months WBW

2016_01_24  Weeks WBW

正直、これは自分の人生において、習慣的に行っていることをあとどれだけできるのかということを知るのにとても役立つ表だと思いました。特に、週単位で行う活動(ブログ、絵描き、エクササイズ、買い出しなど)が多い筆者にとって、週単位の表はとてもありがたいと思いました。

そこで、あと60年間の間で、何回くらい自分の習慣的活動ができるか考えてみました。

1. 本
平均して、週に1冊くらいは読んでいるので、合計は以下の通り:

52 (年間の週の数) × 60 (年間) = 3,120 冊

おー、結構な量じゃないか!と思ったものの、実際この世に何冊くらい本があるのかを調べて驚きました:2010年の時点で、すでに 世界で1億3000万冊 (129,864,880) が存在していたとのことです(しかも6年前です!)つまり、世にある本のうち、極僅かな分の本を読むことにしかならないことに気づき、これから本選びは大事にし、しっかりと読むように心がけようと思いました。

2. 水泳
少なくとも週に一回はプールに行くようにしていますが、さすがに60年代以降は同じ習慣を続けることは難しいかなと思います(ましてやプールが身近にあるところにずっといられるかどうかもわかりません)。なので、多くても:

52 (年間にある週の数) × 30 (年間) = 1560 回プールに行く

まぁまぁですね。多いのか少ないのかあまりわかりませんが。

3. 両親と過ごす時間
日本を離れてから、できるだけ日本に帰るように心がけていますが、それでも平均して一年に一週間くらいしか両親と時間をともにしていません。両親がそろそろ60年代後半であり、どれだけ楽観的に考えて多めに見ても、あと50年以上はいないのかなと思います(ギネスの最年長記録は、122歳と164日)ということは、あと一緒に過ごせるのは:

7 (年間に過ごす日数) × 50 (年間) = 350 日

この世に生を授かってから20年間以上、両親とほぼ毎日一緒にいました。日本を出た今や、多くとも350日(一年より短い時間)しか残されていないことを考えると、思ったより短いなと思いました。

 

更には、上記の計算は、自分が90歳まで健康的に生きるという仮定でのものです。つまり現実問題、それらよりも少ない可能性も多いにあるということです。

あなたにとって、90歳になるまで続けておけることはなんですか。筆者にとって、今回のは良いエクササイズになったので、これらはおすすめです。

最後に、今回のテーマに関連した、スティーブ・ジョブズが発した2つの名言で終わりたいと思います:

「自分がいつか死ぬということを覚えていることは、「失うものがあると」いう考えを抱く罠を避けるための最善の方法である。すでにあなたは丸腰である。自分のやりたいことを追求しないより他はない。」

「時間に限りがあるので、他人の人生を生きるのに無駄遣いをするのは止めたほうがいい。」
― Steve Jobs

今回学んだのは、

どれだけ健康的に生きたとしても、時間や行動に限りはある。そして自分の人生で何をあとどれくらいできるかを知ることで、今自分が持っているもの、できることの価値の大きさを知ることができる。

健康的な人生における制限」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: What procrastination teaches us | MD NO SUSUME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください