目標までの長い道のり

何か目標はありますか?

スキル、学業、キャリアなど、誰もが何かしらもっているかと思います。ただ、我々の多くが思うように目標が達成できないということでもやもやしています。

これは、実際に何が起きている(これから起こる)かに関して誤解や軽視があるからではないかと思います。学びに関する自分の経験と調査に基づいて、少し分析してみましょう。

まず初めに、誰もがわかっていること。もし何もしなければ何が起こるか:何も起こらない。

だから頑張る。

頑張ったあとは気分がいいですよね。

そのあとは?

おそらくこんな風に考える人もいるのでは。

もしくはかなり楽観的な性格の人だと、以下のイメージを抱く人も。

残念ですが、ほとんどのケース、これは起こりません。

実際に起こるのは、これ。使わなければ、失ってしまう、人間は忘れる生き物だから。

ということで、一回以上頑張る必要があります。とはいうものの、実は多くのケースで現状維持で精一杯ということがあり、それがさらにストレスになることもあります。

それを避けるためには、まずは目標がどこにあるかを確認すること。

そしてそこに達成するための努力・・・かなりの努力が必要です。

ということで、端的にいうと、簡単な道のりはありません。もし達成するのが簡単なら、そもそも初めからそれは目標とするのにふさわしくなかったのかもしれません。

今回の学び:
何かを達成するのはかなりの努力を要する長旅で、もし努力しないと、失ってしまう。それが現実。


目標までの長い道のり」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: How to motivate yourself | MD NO SUSUME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です