自分だけの絵でクリエイティビティを伸ばす

1つのイメージは1,000文字に勝る。

私のような右脳派人間にとっては、ブログ、仕事や他のことにおいてもイメージの存在はとても重要です。また、クリエイティビティは訓練によって積み上げるものなので、常にクリエイティブな活動を続けたいとは思っていました。去年、自分の絵を描いてブログにアップするという、一石二鳥になるような便利なものを発見しました。
続きを読む

TOEFLのコツと秘密

先日、モンゴルでTOEFLという英語の試験を受けました。この試験の主な用途は、留学(英語圏の大学の入学審査)や就職(語学力証明)です。

筆者もアメリカの大学院に入るために何度も受けました。この試験のスコア、2年しかもちません(言語力は使わないと落ちるので、納得ですが)。なので、今回再び受けることにしました。

アメリカの大学を卒業し、また仕事で英語を使用していても、TOEFLの準備ができているわけではありません:他の試験と同様、試験の性格を知り、準備をしないといけません。さらには、英語を母語とする人にTOEFLを解いてもらったところ、結構間違えているところもありました。

複雑な性格を持つこのTOEFL、今回は簡単なアドバイスと裏技について述べたいと思います。

続きを読む

アジアの多様性

「中南米カリブ諸国地域で勤務した経験から、同地域の特徴を述べてください。そして、アジア地域と比べてください。」

以前、とある組織のアジア地域事務所の面接を受けて、この質問をされました。詳しくは覚えていませんが、まともな回答はできなかった記憶があります(、中南米地域は世界で最も社会格差があるのに、対し、アジアでは多くの未就学生の子どもや自然災害が最も起こりやすいということで、それぞれが抱えている課題は違う、的なことを言ったような記憶があります)。

当時は、自分の回答に自信が全くなかったけれど、アジア地域の国で2年弱働いてみた今もなお、性格な答えは見つかっていません。その理由の一つとして、アジアとても多様性に富む地域であるからであり、ここ3ヶ月色々な地域/国に出張に行き、その事実を垣間見ることができました。

続きを読む

長時間トランジットの際の一人旅ガイド(ソウル編)

モンゴルに来てから、韓国、ソウルで10回以上乗り継ぎましたが、大体待ち時間は3時間以内なので、基本的には快適な空港の中で待機しています。

ただ前回は、約6時間くらいあったので、この快適な空間から抜け出し、市内に出てから空港に戻ってくるという流れを決行しました。

仁川空港に行ったことがある人は大体知っていると思いますが、空港から無料の乗り継ぎツアー(2−5時間のオプション)があります。ただ、旅人の魂を持つものとして(最近は一人旅などはあまりしていませんが)、一人で市内に出ることを決断しました。幸いなことに、同空港では無料のwifiが通っていたので色々検索してみましたが、短時間の一人旅に関する情報はあまり見つからなかったため、これまでの経験や今回の学びを含め、長時間トランジットの際の一人旅ガイドを共有したいと思います。尚、今回はソウル編ですが、これらは他の機会や場所にも適用できるのではと思っています。 続きを読む

2017年の抱負の決め方

(遅ればせながら)明けましておめでとうございます!

すでに一月の半分が過ぎました。
「もう24分の1が過ぎた」と思うか「まだ24分の23もある」と思うかはその人次第だと思います。筆者はその間といったところです。というのも、ある程度は自分をプッシュする必要はあり、かつ何か長期スパンで大きなことを成し遂げようとするときは、焦ってもよくないからです。

筆者の今年の方は3つの分野に分かれます: 1. 健康 2. 学び 3. 創造
以下、過去3年間行ったよう、どのように過去を分析して今年の抱負を決めたかについて簡単に述べたいと思います(そして3を強調した理由についても後述します)。
続きを読む

謹賀新年2017

2017 New Year Card

新年明けましておめでとうございます。
添付の新年カード(年賀状)は、2017年が皆様にとっても飛翔の年となることを祈って作成しました!

今回の学び:
習字の文字を描くのはとても難しく、ものや人にはそれぞれ相性というものがあるということ再認識しました。

なぜ赤、黄、緑 ?

秋の紅葉は好きですか?

筆者はこよなく愛しています、そしてこの目であの美しい色の自然を見るためなら、夜行バスにの乗るのも、長時間歩くのも、山を登るのも苦ではありません。

なぜあの色の変化が好きなのかどうかと考えていると、おそらくあのの3色(以下、頭文字をとってあきみ3色と呼んでみる)に惹かれているのだろうという判断になり、思い起こせばブログや仕事で作る資料でもこの組み合わせを使うことが多いことに気づきました。このあきみ3色はラスタカラーや信号でも使用されています。

そこで、もしかしてこのあきみ3色に何か秘密があるのではと思いて色々調べてみました。すると、学びとは派生するものなのか、(1)色の仕組み、(2)ラスタカラーの由来、(3)信号の起源、(4)日本の色に対するコンセプトについて学ぶことができました。

続きを読む