小さな夢叶うーセネガル旅行

English, Español, Français, 日本語

小さな夢叶ったり!

以前のブログ記事(モーリタニア1ー人生のターニングポイント)でも既述しましたが、アフリカに来るのはちょっとした夢で、特にセネガルの噂はよく耳にしており、文化の要素(音楽、ダンス、食事、ファッション、歴史、など)が集まっているとのことで、ワクワクしていました。

主な目的は仕事の出張でしたが、1日余分に休みをとって、セネガルの首都はダカールの観光をしましたが、大体の観光客がする・見る・食べる内容はカバーしたように思えるので、シェアしたいと思います。

活動内容 

⓪ 空港(市内中心まで結構遠いものの、バスが毎30分走っているので便利、その後はタクシー)

①ゴレ島、または奴隷の島(約毎時運行しているフェリーにて移動)

②ピンクの湖(Lac Rose)

③食事やファッション街

④日本人宿、モニュメント、モスク

⑤食事、音楽、アート、仕事、等

主要交通手段はタクシーで、10km走っても2,000 CFA (約3.5USD)とかなり安い(ただ基本ぼったくりなので交渉必須)

振り返ってみると、一つに、限られた時間の中で意外と多くのことができました。

ただもう一方で、筆者が興味を持ったきっかけでもある文化的な側面(音楽、ダンス、歴史など)を深く理解するにはもっと時間が必要だということを再認識しました。これも一つの教訓。

最終日は、アメリカ大使館の横側にあったきれいな花を写真に写そうとしたところ、警備員から連行されるという始末になりました(撮影禁止のサインがかなり遠くに、しかも極小の写真で貼り付けされており、カメラを取り上げらる、パスポートの要求、始末書を書く羽目になるなど、正直警察署に連行されるくらいの勢いでした。これもまた一つの教訓。

ハイライト写真

①ゴレ島、

②ピンクの湖(Googleイメージをあてにするとやられる。塩の濃度が高いのでこんなポーズも可能)

③食事やファッション街

④日本人宿、モニュメント、モスク

⑤食事、音楽、アート、仕事、等

Gorée island a.k.a Slave island

Sand art of ancient slaves

Pink Lake or Lac Rose (the density of salty is so high that you can flow)
(Too?) friendly lady who asked me to take photo

North Korean monument (don’t know why they made this)

Interesting mosque

Music (bocal / dram is blind person)

今回の学び 

今回学んだのは、短時間でも大体の観光は可能だが、より深い部分(文化)を知るためには時間が必要である。

最後まで読んでいただきありがとうございます。もしこのブログが気に入った場合は購読お願いします。もしコメントや質問があれば遠慮なくどうぞ。良い学びを!

—————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください