タグ別アーカイブ: 学び

aprendizaje

4つの映画における共通のテーマーあるべき姿

最近4つの映画を見て、感動で涙しました:

(1)マドリードの戦いたくない闘牛(2)街の向こう側で自分の居場所を発見した大きな黒人の青年(3)ロンドンの喋るくま (4)ニューヨークにおけるユニークな人間のショー。

それぞれ全く違う映画ですが、「あるべき姿というイメージは、気持ちと行動が備われば変えることができる」という教訓を持つといった一つの共通点があります。

続きを読む

モンゴル 1ーなぜモンゴル

変化の時がやってきた。

ということで、約3年間住んだモンゴルのシリーズブログを書いていきたいと思います。このシリーズでは、モンゴルの首都、郊外、田舎の文脈や、モンゴルで出会った人や文化、そして自分の経験からの振り返りなどについて触れるつもりです。

その前に、第一弾として相応しいトピックは、多くの人から問われた以下の問いへの返答というものにしたいと思います:

なぜモンゴル? 続きを読む

多様性における経験がインクルーシブな社会への鍵

先日、障害者をどう社会にインクルージョンするかに関するワークショップに参加し、インクルージョンに関する考えが少し変わった学びを得た機会になりました。

続きを読む

国際協力の日と個人インタビュー

10月6日が「国際協力の日」だったこと、知ってましたか?

正直、筆者は同分野で仕事をしているにもかかわらず、知りませんでした。というより、「国際XXの日」というのはあまりにもたくさんありすぎるかとおもいます。

ただ、今年はこの日に、自分のインタビュー記事が就職マガジンサイト、マイナビに「世界のために今できること」と題した記事で掲載されました。

続きを読む

3度目のモンゴル草原マラソン

モンゴルならではというものの一つに、草原マラソンというのがあります。

今月は、3度目の草原マラソンに参加してきましたが、このイベントのユニークなところは、賞品(馬、羊)、きれいな空気、永遠に続く青い空と緑の大地です。

以前も何度かマラソンについて書いていますが、やはり色々人生における教訓が多いと思います。 続きを読む

ものを手放す3回ルール

「念のためにとっておこう….。」

これは我々がもっとも口/耳にするセリフのひとつではないでしょうか。

「ものが多すぎて…」

こちらもよく聞きますね。

単刀直入に言うと、とにかく我々の周りにはモノが多すぎるので、捨ててしまうことが大切です。筆者にとって(そして多くの人にとっても)最大の理由は、本当に大事なモノが何かをみつけるために、生活をよりシンプルにすることができるからです。そこで今回は、本や他の人、そして自分の経験から培ってきた「3回ルール」を紹介したいと思います。

続きを読む