タグ別アーカイブ: 教育

モンゴル 1ーなぜモンゴル

変化の時がやってきた。

ということで、約3年間住んだモンゴルのシリーズブログを書いていきたいと思います。このシリーズでは、モンゴルの首都、郊外、田舎の文脈や、モンゴルで出会った人や文化、そして自分の経験からの振り返りなどについて触れるつもりです。

その前に、第一弾として相応しいトピックは、多くの人から問われた以下の問いへの返答というものにしたいと思います:

なぜモンゴル? 続きを読む

国際協力の日と個人インタビュー

10月6日が「国際協力の日」だったこと、知ってましたか?

正直、筆者は同分野で仕事をしているにもかかわらず、知りませんでした。というより、「国際XXの日」というのはあまりにもたくさんありすぎるかとおもいます。

ただ、今年はこの日に、自分のインタビュー記事が就職マガジンサイト、マイナビに「世界のために今できること」と題した記事で掲載されました。

続きを読む

2015年の数え方

2015_12_31_measure 2015

♪Five hundred twenty five thousand six hundred minutes,
♪How do you measure, measure a year?
(525,600分ある一年をどのようにはかりますか。)
―「seasons of Love」 ミュージカル「レント」より―

今年も残すところもう一日を切ったというときに、この歌が頭をよぎり、「2015年はどのように数えようか。」と思わされました。そして、出た答えは、旅、仕事、人、そして本だと思います。
続きを読む

成功のためのグリットと学び

2015_12_07 Grit

日本の諺で、七転び八起き というのがありますが、まさに人生における生じる困難に向けた積極的なメッセージだと思います。

「失敗」という概念を考え直すことについての重要性を述べた前回のエントリー(失敗と学び)では、以下の4点のポイントを挙げました:

【目標達成のためのキーポイント】
(1) とにかくやってみる
(2) 間違える
(3) 間違いから学ぼうとする意欲をもつ
(4) 違うやり方でもう一度やってみる、そして目標を達成するまで、(2)に戻る

明らかに、一番大事なのは(3)だと思います。何回転んでも、立ち上がり続ければ、最終的には目標を達成することができ、そのような、長期的な目標を達成するための熱意と我慢のことを、「Grit(やり抜く力)」と言います。
続きを読む

遊びと笑いと学び

2015_11_15 laughter

〜一人でいるときよりも、誰かといた方が、30倍も笑う確率が増える〜

(Sophie Scott, 認知神経科学者)

最近は、こないだ行ったスタンドアップコメディーや、日本のお笑い映像、その他ワークショップなど、諸々の機会で笑うことが増えました。

ある研究によると、笑いが健康にもたらす効果はとても大きく、ストレス、血圧、心臓病のリスク(急に笑い転げない限り)などを減らすことができるようです。

それでは、笑いと学びの関係はどうでしょうか。健康面にもたらすほどはっきりしたものはないようですが、それでも確かな繋がりがあるようです。 続きを読む