好きなことと得意なこと

なんと200件目のブログエントリーです。5年前(ブログをはじめた2009年11月)を遡ってみると、本当に内容の「な」もなく適当に思いついたことしか書いておらず、ましてや続けるつもりも全くありませんでした。でも今では自分のペースで続けていきたいと思っているし、できればブログが得意分野になるように改善したいと思っています。

得意なこと、好きなことは何ですか。それらは一致していますか。

小学校低学年の教師をしていたとき、低学年向けの自己紹介カードなどの教材でこれらに触れることが結構ありました。頭を抱えている児童もいくらかおり、自分にアドバイスを求めてくることも少なくありませんでした。その際は、以下のようなことを(偉そうにも)言っていました:

本当に好きだと思えるものに出会うのはとても難しいと思います。それはあなたたち子どもだけでなく、大人でも同じです。もし既に大好きなものを見つけた人は、続けることで大事に育てていって下さい。もしまだ見つけていない人は、いつか見つかるので心配しないで下さい。とりあえず、思いつくものをやってみて、続けてみるのもいいかもしれません。得意なことが、好きなことになることも結構あるからです。大事なのは探して、実行し続けることだと思います。

中にはうんうんなるほどうなずいて、カードを埋める子どももいました。でも皆さん(当時の児童)、実はそれは自分も含めた全ての人に言えるメッセージだと思います。

パッションとスキルに関して、ついこないだやっと読み終えた本がおすすめです。イギリス出身の教育家のケン・ロビンソン氏による『The Element: How Finding Your Passion Changes Everything(才能を引き出すエレメントの法則)』という本ですが、まさに上記のテーマについて詳しく深く述べています。本書では「エレメント」を、自分の好きなことと得意なことが重なる場所と定義しています。この本は人生そのもの(と現代教育システムの問題)についていろいろ教えてくれる本なので、教育関係者だけでなく、年齢や職業関係なく全ての人のためのものだと思います。

同書を読んでいるとき、先日観た動画で、ダンサーがオーディションを受けるというものを思い出しました(なんと彼も教育関係者!)。彼は独自のスタイル(大きめの体で驚くようなヒップホップやブレイクダンスの動きをする)をもっていますが、彼が挑戦したかったのは、全くジャンルが違うバレーやジャズ系のショーです。独自のスタイルで予選は大成功で通過したものの、周囲の予想通り、本番のオーディションには通りませんでした。これを観て、自分が好きなことでも全く得意でないことがよくあるし、その逆も然りだなと再確認しました。そういう意味でも、エレメントを見つけるのはけっこう難しく、そして見つけた人は幸せだと思います。

これが彼独自のスタイル(予選のビデオ)で、けっこうびっくりしました。.
【So You Think You Can Dance Season 9 Auditions Leroy Martinez】

これから10日間ほど、ブラジルのきれいな場所に行ってきます。実は数年前にその場所の写真を見て、いつか絶対行くと決めていたところです。自分は旅が大好きで、けっこう軽いフットワークでいろんなところに行けるタイプだと思っています(もしかしてこれもひとつのエレメント?)。
さあ、夢をかなえるまであと少し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください