カテゴリー別アーカイブ: ヒップホップ

仕事か犯罪か

世界のすべての国が独自の問題を抱えている。
曖昧すぎますか?

それなら、少し焦点を絞って…若者(ユース)について
日本-世界でも屈指の高齢化社会国-の若者は、年長者に対しての尊敬新が欠け、国の将来に影響を与えるという批判の声があります。

ホンジュラス-若者が人口の大半(人口の50%以上が24歳未満の若者で構成されている)をしめる国-では、若者の犯罪が耐えないという問題を抱えており、これまた国の将来が懸念されています。また、若者が多く、犯罪率が高いというのは、中米に共通した特長のようです。

続きを読む

シェア

変化


変わらないものなどない。

チリのサンティアゴに来てから20日が経とうとしていますが、自分の生活にも変化がありました。思っていた以上にはやく。

カナダ、トロントのある中学校にも大きな変化が起こりました。とても喜ばしい変化です。

続きを読む

シェア

ヒップホップ教育

「ヒップホップ」という言葉をパッと聞いて、どう思いますか。

最近自己紹介をする時に、ちょっとした実験をして遊ぶことがあります。
自分:「学校でダンスを教えています。」
相手:「へー、どんなダンス?」

回答1:バレー(嘘)
回答2:ヒップホップ

面白いのは、「バレー」といった時は、礼儀正しく繊細な人のような扱いを受けるのに対し、「ヒップホップ」といった時は、若くてお調子モノ、時にはいい加減な人のように思われるのがなんとなく伝わります。

続きを読む

シェア