多才性を認める

2016_3_13 Multifaceted

「多くのものではなく、一つだけしたいことを選びなさい。そうじゃないと全部が中途半端になる。」

自分が幼いころ、色んな大人から同様のことを言われてきましたが、自分のような色んなものに興味があった子どもにとっては、これを認めることは難しいことでした。幸いにも、少しずつこのような多様性が認められ、時には必要とされることも多くなってきたので、色んなことに興味を持つことも大丈夫という流れになってきたように思えます。この点に関連した(1)展示会(2)本(3)ビデオについて紹介したいと思います。

(1) 展示会
2月に日本を出る前に、大阪で開かれたレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)にまつわる展示会に行ってきました。彼は、画家、製図者、発明家、音楽家、解剖学者、哲学者などと、人類史上最も多才だった人の一人として認められています。

展示会を見ていると、以下の5つの理由から、彼が本当に多才だったことがわかりました:
好奇心:本当に色々なことに興味をもっていたようです。
メモ:彼は思いついたアイデアを常にメモにとるくせがあったようです。
挑戦:アイデアを具体化するために色々なことに挑戦しました。
学び:いつまでも学ぶことをやめなかったようです(そして主に独学タイプ)。
つながり:芸術、自然、科学といったことにつながりを見出し、色々アイデアをつなげていたようです。

当時(500年前)、彼のやっていたことに批判する人も少なかったようです。彼は公教育を受けていませんが、現代教育のようなシステムが彼のような人物を育て上げることはできるのかは少し「?」です。

(2) 本
最近読み終わった本に、「一人で複数のキャリアを持つ:スラッシュキャリアのためのガイド(One Person / Multiple Careers: The Original Guide to the Slash Career)”」 (Marci Alboher, 2012)というものがあります。
タイトルの通り、複数のキャリアを持つ人たち(映画監督/弁護士、サラリーマン/ラッパー、不動産業/音楽家 など)を紹介しており、複数の仕事は実はつながりがある(まさにレオナルド・ダ・ヴィンチのように)と説明しています。

以下、本からいくつかの引用部分です(訳:ブログ筆者)

  • この本は転職についての本ではなく、あなたのもつキャリアというものの概念について変えようとするものです。
  • 一つのキャリアからのコンタクトと知識を他のキャリアに活用するのは、スラッシュキャリア組に共通するテクニックです。
  • 複数の仕事を持つためには、初心者に戻ることに対して不満を抱かないことが大切です。
  • 書くこと、教えること、スピーチ、コンサルタントは、他のどのキャリアにも適応できる万能型スキルである。
  • 一つの仕事におけるストレスや挑戦は、他の仕事によって相殺されることがよくある。

(3) ビデオ
百聞は一見にしかず。とりあえず以下のTEDトーク(Emilie Wapnick)を観てください。
【なぜいくらかの人にとって、これといった天職というものがないか(Why some of us don’t have one true calling)】

以上の3つのパートを見てみると、まさに複数のキャリアを持つことは認められるべきだといえるのでしょうか。

念頭に置いておくべき大事なこととして、「我々は好奇心を持って生まれてくる」ということで、「一つのみを選べ」という考え方の大人によって、多才性を持つ可能性が奪われることも否めません。もちろん、専門家やジェネラリストを育てるのもいいと思いますが、少なくとも多才性を育てるスペースがあってもよいと思います。そうすれば、将来レオナルド・ダ・ヴィンチのような人がもっと現れるのではないでしょうか。

幸いにも、自分は現在までいろんなことに興味を持ち続けています(芸術、音楽、ダンス、料理など)。それらはすべて「創る」ということに一致していますが、「一つのことに絞らなくてもいい」ということを知るだけで、少し気分が良くなります。そして他のいくらかの人も然りではないでしょうか。

今回学んだのは;
多くの種を植えて、しっかり育てればいい。つまり、職業も含めて、複数のことに興味を持つのは、その分野において挑戦と学びを続ける限り、全く構わないことである。

シェア

多才性を認める」への2件のフィードバック

  1. Martha Sotelo

    Pense durante 60 añis q algo no estaba bien mi, me encanto la conferencia, conciza, y es un poco descubrirme mientras la escuchaba e ir tomando valor desde adentro de mi corazon hacia todo lo que he aprendido en esta bida ademas de vivirla intensamente, muchas gracia me alegraron el alma!!!!

    返信
    1. MD 投稿作成者

      Hola Martha, gracias por su mensaje y compartir su historia! Estoy impresionado con su encuentro después de 60 años, lo cual nos enseña que nunca es tarde de aprender algo nuevo. Somos única persona que puede encontrar su propio alma (no otra persona).

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください