2024年の成長のための2023年の振り返り

🇬🇧English 🇯🇵日本語 🇪🇸Español 🇫🇷Français 🇧🇷Português

「学びのない一年は無駄な一年だ」

これは、一年の節目を迎える時にいつも考えるフレーズ。

2023年はどんな一年だった?

過去を振り返ることは、目標に対して自分がどの位置にいるかを知るための最良の方法の 1 つである。 この記事では、(1) 日課、(2) 主要イベント、(3) 創造と学習に基づいて私の振り返りの例を取り上げます。2023年や過去の振り返りの参考になれば幸いである。

日課

ローマは一日にして成らず。日課を見直すことは、自分の習慣スキルを監視することにもある(あくまで、習慣は上達可能なスキル)。 日課を制すれば、1日、そして人生をも制することができると、数年くらい前から本気で信じている。

<朝のルーティン>

●瞑想
私は12年以上、目が覚めてすぐに瞑想をしている。この経験から学んだのは、特に動揺したり感謝の気持ちを感じたときに何が起こっているのかを認識すること、そしてこの習慣を終わりのないプロセスとして継続することの重要性である。

●学習
毎日の学習活動であるDuolingo (言語アプリ)を4 年以上毎日続けています (これまでに 1539 日)。 このアプリは中級/上級レベルの学習にはあまり役に立たないが、習慣スキルを構築し維持するのに最適な方法である。


●日記・ジャーナル
私が日記/ジャーナルを始めてから 4 年以上が経ったが、これは習慣とマインドフルなスキルを促進する良い方法である。 毎朝、昨日何をしたか、どのように寝たか、今とこれからどうするかを書き、創造性を養うためのストーリーを作成するもの。 昨年との主な違いは、デジタルだけでなく実際の紙に書き始めたことで、良い成果が現れていると思う。

● ライティング
ブログの更新頻度は以前ほどではないが、書きたいこと(多様性、人の話、学習、子育てなど)を毎日書いてみることにして、3ヶ月ほど続けている。おそらく半年もあれば本一冊くらいの文量になるのではないか。

●運動
2016年から毎朝、ビデオエクササイズ、ランニング、水泳、ダンスなど、場所に応じて運動をしている。幸いなことに、今は毎日スイミングプールにアクセスできる。

<夜のルーティン>

●子供と散歩
去年に歩き方と走り方を覚えた娘と散歩することを日課に加えました。ジムに行ったり、近くの知り合いのタイ料理レストランに行ったり、ただ家の周りを散歩したりすることが多い。一日の中で一番好きな時間になりつつある。

●夕食なし
2022年7月以来、私は夕食を食べるのをやめた結果(社交的な機会を除く)、良いこと続きである(体重が減る、お金を節約する、より多くの時間を得る、食べ物に感謝する、気分が良いなど)。

●睡眠
朝6時に始まる朝の習慣を維持し、7〜8時間睡眠をとるために、午後10〜11時頃に就寝するようにした。 今年前半はうまくいっていたが後半は少しサイクルがぶれてきたので気をつけるべくアラームをかけて模索中である。

主要なイベント

以下は、スナップショットと今年の分岐点を記録するために振り返っている点である。

●旅行
2023 年の海外旅行は前年よりも減った。日本、インドネシア、韓国、モザンビーク、モーリシャス、そして再び日本を旅した(日本では、新しいプロジェクトの候補地を探すために何度も旅行した)。

●副業
去年に続き、国際コンサルタント、ライター、講演者として副業を空き時間に始めた。人生の次のチャプターに向けた戦略的な動きの一環である。 また、去年に引き続いて筑波大学(大学院コース)でもSDGs、教育、ライフスキルについての講座を担当した。

●次のプロジェクトの準備
将来のグローバル寺子屋設立プロジェクトの準備として、何度も家族会議を重ねた。 パイロット活動として、日本で「五感で世界を感じる」という共同イベントを実施する機会もあった。

●ライフスキルプロジェクト
モザンビーク教育省への支援の一環として、モザンビークのパイロット校で主に以下の10のスキルに焦点を置いたライフスキルプロジェクトを立ち上げた: (1) コミュニケーション、(2) 問題解決、(3) 自己啓発と好奇心、(4) 粘り強さ・根性、(5) 自己認識、(6) 自己管理、 (7) 自尊心、(8) 創造性、(9) 人間関係、(10) ウェルビーイング

●本プロジェクト
昨年の初出版に続き、絵本『せかいのあいさつ』全3巻の監修をさせていただいた。これらから、具体的な内容を共有することの大切さを学び、出版社からの本のオファーに関わらず、もっと執筆していいこうと決意した。こちしゃ雑誌の記事をいくつか書き、さらに今後の本の内容についての取り組みを始めた。

●指導と学習:今年、ライフスキルや福祉など、さまざまな分野で20以上の研修を実施しました。また、2024年に韓国語の学習を開始しました(3回ルールの閾値に達したため)。ハングル 한글 が読めるというのは新鮮な世界です(まだ知らない単語がたくさんあるけど、なんとか読める)

創造と学び

これは、創造的なプロセスと学習を監視するためのもの。

ちなみにこのブログのテーマは創造性、好奇心、学習であり、私が内容を書き、表紙の絵を描き、5ヶ国語に翻訳している。 つまり、プロセス全体が創造であり、自分の一年のブログ投稿を見直すことは良い方法であるのではないか。以下は今年のブログ投稿/カバー画像。

2023年の新たな始まりと2022年の隠れた文字

ポルトガル語の試験CAPLEのC1レベル合格までのストーリーとススメ

モザンビークのカシューナッツからの学び

SDGsに関する大学院集中講義を教えて得た学び

キャッサバを通して世界の繋がりと多様性を感じる

『せかいのあいさつ』絵本シリーズ完成と込められた思い

虹の国モーリシャスから多様性を学ぶ

今回の学び

2023 年を振り返ること(日課を通じて習慣スキルのモニタリング、主要イベントの記録、想像的・学びのプロセスの確認)で、2024 年に成長するための準備になった。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。良い学びを!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください