タグ別アーカイブ: culture

短時間で革命国家チュニジアですること

English, Español, Français, 日本語

4月と5月にかけて、日本にいる両親や友人から、春の話(桜、過ごしやすい天気やおいしい料理、学校や仕事の始まり)をよく聴きました。実はその頃、遠く離れたアフリカはチュニジアという、アラブの春にゆかりのある国にいました。

2011年を目安に、多くのアラブ諸国に変化が起こり、市民の力の強さを改めて世界が知ることになりました。あまり馴染みの無い人もいるかと思いますが、2010年末にチュニジアで起こった運動がきっかけで、各国で反政府運動が連鎖して起こるというものでした(リビア、エジプト、イェメン、シリア、バーレーン等)

私がこの国のことを知ったのも、大学院入学のための英語勉強として読んでいたニューヨークタイムズ紙がきっかけです。その9年後、たったの1泊2日でしたが、この国を訪れる機会がありました。調べてみると、他の国に行く前のハブ的な役割を担うことも多いらしく、意外と旅行者が多いわりには、あまり情報が回っていないようです。短期間のわりには、色々なものを見れたかと思うので、今回はその行程を中心に紹介したいと思います。

続きを読む

シェア

モーリタニア 4ーロシアW杯が西アフリカ在住の日本人を勇気付けた

English, Español, Français, 日本語

日本を離れてかれこれ12年目にもなると、海外に住むのもそこそこ慣れてきた・・・と思いきや、モーリタニアに来てから最初の3ヶ月は、かなり厳しいものがありました。

(詳細は過去のブログ参照):
モーリタニア1ー人生のターニングポイント
モーリタニア 2ーラマダーンと生活リズム
モーリタニア 3ーこれはプライベートタクシーか何なのか

いくつか具体的な指標をあげると、3ヶ月で4KG減量、かつ少し鬱気味でした。

タイミングとしては最高でした。「オレー!オレー!」ロシアW杯2018が開催されたのは。

続きを読む

シェア

モーリタニア 3ーこれはプライベートタクシーか何なのか

EnglishEspañol, Français, 日本語

大変でした。とにかく結構大変でした。

何事にも当てはまりますが、最初の時期は一番難しい時期です。

背景の概要:モーリタニアにはるばるやって来ました(詳細はこちら)→その直後、諸々の手続きがあるにも関わらずラマダーンがはじまる(詳細はこちら ) →公共の移動手段はない模様(バス、メトロ、公共バス、etc.)→外は暑い (30-40℃)し歩くのはきつい →

プライベートタクシーしかない、ということが判明。モンゴルでは白タク(プライベートタクシー)に乗りつづけていたので大したことはないだろうと思っていました…が誤算でした。

続きを読む

シェア

なぜ赤、黄、緑 ?

秋の紅葉は好きですか?

筆者はこよなく愛しています、そしてこの目であの美しい色の自然を見るためなら、夜行バスにの乗るのも、長時間歩くのも、山を登るのも苦ではありません。

なぜあの色の変化が好きなのかどうかと考えていると、おそらくあのの3色(以下、頭文字をとってあきみ3色と呼んでみる)に惹かれているのだろうという判断になり、思い起こせばブログや仕事で作る資料でもこの組み合わせを使うことが多いことに気づきました。このあきみ3色はラスタカラーや信号でも使用されています。

そこで、もしかしてこのあきみ3色に何か秘密があるのではと思いて色々調べてみました。すると、学びとは派生するものなのか、(1)色の仕組み、(2)ラスタカラーの由来、(3)信号の起源、(4)日本の色に対するコンセプトについて学ぶことができました。

続きを読む

シェア

成功のためのグリットと学び

2015_12_07 Grit

日本の諺で、七転び八起き というのがありますが、まさに人生における生じる困難に向けた積極的なメッセージだと思います。

「失敗」という概念を考え直すことについての重要性を述べた前回のエントリー(失敗と学び)では、以下の4点のポイントを挙げました:

【目標達成のためのキーポイント】
(1) とにかくやってみる
(2) 間違える
(3) 間違いから学ぼうとする意欲をもつ
(4) 違うやり方でもう一度やってみる、そして目標を達成するまで、(2)に戻る

明らかに、一番大事なのは(3)だと思います。何回転んでも、立ち上がり続ければ、最終的には目標を達成することができ、そのような、長期的な目標を達成するための熱意と我慢のことを、「Grit(やり抜く力)」と言います。
続きを読む

シェア

モンゴルの映画館

まさかモンゴルでここまで映画館に通うとは思っていませんでした。こちらに来てから早3ヶ月が経ちましたが、既に8回も映画館に行っており、2週間に一回ほどのペースで行ってることになり、ここまで頻繁に行くのはいままでで初だと思います。今回は、モンゴルの映画館における話を共有したいと思います。
続きを読む

シェア

一人旅をする3つの理由

家に帰ってくるのはやはりいいものです。

旅から帰ってくるときはいつでも、時間が実際以上に経過したように感じます。一人旅行を始めて10年以上たちましたが、初めて海外旅行をしたときに、タイの北部で出会った年配の女性が自分に言ったことはかなり印象的でした:

自分の普段の生活に満足しているなら、どうして旅行(その場所を去る)したいと思うのか。

人間は、楽で安全な生活をしたいという本能を備わっているため、彼女のいったことは正にもっともだと思います。ただ、少なくとも自分の経験から、自らの居心地の良いエリアから抜け出して(グループよりも)一人で旅に出る上で、以下の3つの主な理由が挙げられます: 生きる力を学ぶ、柔軟性を持つ、新しい人に会う

続きを読む

シェア