タグ別アーカイブ: Dessin

謹賀新年2021と育

EnglishEspañolFrançais日本語, Portuguese

日本は神戸より、新年明けましておめでとうございます!

今年の絵は、2021年が素晴らしい「育」の年となることを祈って作成しました。丑年はじわじわ前進する・これから発展する前触れ(発芽)の象徴だといわれています。2020年は大変な年となり、いろんな意味で「増」の年でしたが、皆様が今年1年心身ともに健康でありますように、そして素晴らしい年を過ごせることを願っております。引き続きご縁を大切にしながら、今年も(こそ)直接なりonlineなりでお会いできることを楽しみにしています。

追伸:丑の絵、何が見えますか。

よろしくお願いします。

シェア

2021年の成長と生き残りのための2020年の見直し

English, Español, Français, 日本語

もう年末!?時が経つのはなんて早いんや!

ここ最近、同様のセリフを聞いたり言ったりした人は結構いると思います。しかし、時間が特別早く過ぎることはなく、時間はすべての人に平等に分配される数少ないものの1つであるため、忙しさに負けずに時間の大切さを忘れないように、といつも心がけています。

さて、2020年はどんな1年でしたか?

コロナによって引き起こされたいくつかの出来事やイメージ、または辛かったことなどを思いつくかもしれません。筆者も然りです。しかし、1年を深く振り返れば、多くの学びが隠れていることに気付きます。年末というのは、その1年何をしてた、そして自分がどんな人間なのかを見直すことができ、翌年に更に成長するための絶好の機会だと思っています。読者のどなたかにも何か学びに繋がることを願って、筆者の1年のレビュー(新しい手法も導入)を記載しておきます。

続きを読む

シェア

日本が誇る漫画喫茶・インターネットカフェに行く10の理由

EnglishEspañolFrançais日本語

「日本の漫画/アニメが大好き!」 同様のセリフを外国人から何度も聞きました。 マンガ(コミック)が日本文化の大きな部分を占めていることは間違いありません。

「日本の漫画喫茶(インターネットカフェ)が大好き!」。 しかし、外国人からも日本人からもあまり聞くことはありません。

筆者の20年ほどの漫画喫茶(以下漫喫)歴から、漫喫はは多くのものを提供できると思っていますが、あまりその良さが知られていないように思うため、本記事ではそれが何なのか、どのように筆者は楽しんでいるのか、なぜお勧めするのかを説明します。 日本の漫画、文化、そして面白くてユニークな体験が好きな人に役立つことを願っています。 また、私が個人的にお勧めする漫画もいくつか触れたいと思います。

続きを読む

シェア

英語を学ぶ5つの理由と10の学び方

English, Español, Français, 日本語

言語は人類が生み出した最も優れた産物の一つであり、グローバル化により、益々他の言語を学ぶ必要性が高まっています。

これは筆者が学んだいくつかの言語(英語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語)に取り組む一連の言語学習シリーズであり、それぞれの言語に特化し、大まかな特徴と起源、学んだ理由、そしてどのように学んだか/学んでいるかを共有します。

最も典型的で便利な外国語である英語から始めましょう。

続きを読む

シェア

西部・東部アフリカに住んで得た5つの大きな学び

English, Español, Français, 日本語

ジャンボ! マンボ! ワカワカ! ハクナマタタ!

どれもアフリカ絡みの言葉ですが、どこかで聞いたことがある人もいるかと思います。 恥ずかしいことに、アフリカに行く前は「これぞアフリカ」といった典型的なイメージを勝手に持っていた筆者ですが、西アフリカと東アフリカに2年以上住んだ後、今なら自信を持って言えます:

アフリカは広くて多様性が半端ない!

他の学びでも同じように、アフリカのごく一部について知ればしるほど、アフリカの大きさ、多様な文化や複雑な社会について決して一般化できないことに気づき、まさに誰もが「自分のアフリカ」を持っているのではと思うようになりました。 アフリカ全体についてまとめて話すことは不可能ですが、筆者の「自分のアフリカ」からのいくつかの学びを共有したいと思います。

続きを読む

シェア

ケニア 6ー アフリカ脱出の対コロナチャーター機からの学び

English, Español, Français, 日本語

ケニアから出るという人生における大きな決断をしてから、(他の多くの国と同様に空港はCOVID-19により閉鎖されていたため)長い間ケニアを去る機会を待っていました(実際のところ1-2ヶ月くらいでしたが、心理的にはもっと長く感じました)。

一部の政府機関/大使館はチャーター便を手配して市民を帰国させましたが、その連絡も短い通知で行われ(例:3日〜1週間)、筆者のような完全帰国するつもりの人には、家の引き払いや出発の準備などを考慮すると、かなりタイトなスケジュールです。

仕事上、国連人道支援フライトに乗ったことが何度かありますが、今回のような一度限りの緊急便に乗ったことはありませんした。 チャーター便に乗る機会というのはそう何度もあることではないので、COVID-19のコンテキストにおける緊急チャーター便使用から学んだことを共有したいと思います。

続きを読む

シェア

ケニア 5 ー 人生の難しい決断の取り方

English, Español, Français, 日本語

最後に難しい決断をしたのはいつですか? 今日何を着るか、何を食べるかといった簡単な決断ではなく、人生を左右する可能性がある決断です。

筆者はつい最近、大きな決断をしました。 難しかったのは、複数の選択肢があり、それぞれが完全に異なるということで、まさにマンゴー、パイナップル、バナナを比較して、1つだけを選択するようなものでした(すべてが好物!)。

誰しもが少なくとも数回は人生の中で難しい決断を行わなければならないので、本記事が他の人に役立つことを願って、自分の経験から得られたいくつかの学びとオススメを共有します。 一言で言えば、最終的な決断をするのは本人ですが、意思決定を容易にすることができるいくつかの要因とプロセスを紹介します。

続きを読む

シェア